伊豆の海水浴場とビーチガイド
海水浴の持ち物

海水浴の持ち物リスト

1.必須の持ち物


2.あると便利な持ち物

1.必須の持ち物

水着 / 着替え

説明の必要はないかと思いますが、「水着」と「帰りの着替え」は必須です。

なお、自宅や宿を出る前に水着を着ておいて、その上にTシャツやワンピースなどを着てでかけると、海に着いてから水着に着替える手間がなくてスムーズです。

その際、帰りの着替えを忘れないように気を付けてください。

目次に戻る

上着(羽織るもの)

食事や買い物など出歩くときにあると便利なほか、海から上がった時の防寒保温に必要です。

ビーチで休んでいるときなど、バスタオルで代用することもできます。

寒いときにはタオルで体を拭いてから上着を羽織るとベストです。

目次に戻る

タオル類

海水浴から帰るときのシャワー後に体を拭くタオルは必要です。

さらに、海から上がったときに軽く体を拭けるタオルもあると防寒対策になります。

夏の海でも体が濡れていると意外と冷えてくるので必要になります。

海水浴では1人2セット以上あると便利です。

目次に戻る

ビーチサンダル(マリンシューズ)

夏の太陽に照らされた砂浜は歩けなくなるほど熱くなります。

裸足だと火傷してしまうことがあるほか、ビーチを歩くときに貝殻やガラス、ゴミなどで怪我をしてしまう恐れもあるので、ビーチサンダルなどの履き物が必要になります。

トイレにいくときにも履き物は必要になるので、駐車場から裸足ではなくサンダルなどを履いて向かいましょう。

また、石や岩場ではビーチサンダルではなく、マリンシューズと呼ばれる海専用の靴があると安心です。

石についた貝や尖った岩などで足を怪我してしまうことを軽減できます。

海にある石は海苔や藻などで滑りやすい場合も多々あります。マリンシューズなら裸足やビーチサンダルに比べて脱げにくく、多少滑りにくくもなります。

万が一少し滑ってしまっても、足の指を石にぶつけたり挟まったりして痛い思いをすることも軽減できます。

目次に戻る

レジャーシート(テント)

荷物を置いたり、海から上がった時の休憩などのためにレジャーシートは必要になります。

日焼けや熱中症対策などにテントやパラソルなどもあると便利ですが、場所によっては使えなかったり、風が強い日には使えないこともありますので、事前に確認したり当日は現地の指示に従って利用してください。

特に風でパラソル等が飛んでしまうとかなり危険なので注意が必要です。

パラソルの注意点など詳しくは「海水浴の注意点(パラソル)」もよろしければご覧ください。

テントは最近ではワンタッチテントやポップアップテントと呼ばれる簡単にセッティングと片付けができるコンパクトで軽い簡易テントも多くなっています。

目次に戻る

ビニール袋

ゴミを入れたり、濡れた水着を入れたり、砂のついたレジャーシートを入れたり、スマホや鍵など濡れたら困るものを入れておくなど、海水浴でもなにかと必要になります。

ビニール袋削減の時代ですから、それに代わるものなら何でもOKです。

濡れたら困るものなどは防水ポーチや防水バッグなども便利です。

目次に戻る

飲み物

海の家や自動販売機などがあってこまめに水分補給できれば海で調達すれば良いのですが、近くに海の家や自動販売機などがない海水浴場もあります。

その場合、事前に飲み物を買っていくことを忘れないでください。

飲み物を入れる真空断熱の水筒やクーラーボックスなどがあると海水浴以外のレジャーでも使えて便利です。

なお、お酒などのアルコールは水分補給にはなりませんため、水やスポーツドリンクなども持っていくようにしてください。

目次に戻る

2.あると便利な持ち物

小銭

海辺に財布など貴重品を持っていくのは防犯上あまり好ましくないため、必要な分のお金だけを持っていく方が無難です。

車に財布を置いておくことも車上荒らしなどの盗難に遭ってしまう可能性がありますので、貴重品ロッカーなど信用して預けられるところに預けておくか、どうしても海辺に財布を持っていくときには一人は必ず荷物番として貴重品の近くで見張っていることをおすすめします。

また、紙のお札は濡れていると自動販売機で使えなかったり、混雑時には釣銭切れなどで使えないことも稀にありますので、海水浴では硬貨の小銭も持っていくことをおすすめします。

なお、旅行にいくときにはクレジットカードや電子決済は使えないところもあるため、現金が必要な場面が多々あることにもご注意ください。

目次に戻る

ラッシュガード

最近はラッシュガードと呼ばれる海専用の衣類を着て海水浴を楽しんでる人も多くなっています。

マリンスポーツ用のため、速乾性や伸縮性に優れています。

ちょっとした擦り傷の対策や日焼け対策のほか、海から上がった時の防寒保温などとしても役立ちます。

海水浴で気を付けたいクラゲ被害の軽減になる場合もあります。クラゲ被害の詳細は「海水浴の注意点(クラゲ)」もよろしければご覧ください。

また、子供用はひっかかって危険になるような部分がないもの、サイズが合っているものが好ましいです。

目次に戻る

日焼け止め

海水浴で日焼け止めはほぼ必須ともいえる持ち物です。

日焼けをしたい方もサンオイル(日焼けオイル)などを使った方が肌を守りながら、きれいな日焼けになることが多くあります。

どちらも塗らずに日焼けをしてしまうと、肌を痛めやすくなってしまいます。

日焼け止めはスプレータイプ・オイルタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプ・シートタイプなどがあります。

パッケージに「SPF」や「PA」などの表示がありますが、「SPF」は数値が大きいほど、「PA」は + が多いほど、日焼けの防止力(紫外線に対する防御効果)が高くなっています。

基本的に海水浴では強めの日焼け止めがおすすめですが、特に乾燥肌や敏感肌の方などは肌に負担もかかってしまうため、海にいる時間や個人の状況などに合わせて選ぶことが大切です。

また、海水浴では水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めもおすすめです。

日焼け対策には、ほかにも帽子やサングラスなども有効です。

目次に戻る

クーラーボックス

海水浴中に飲み物を炎天下の海辺にそのまま置いておくとお湯のようになったり腐敗や菌の増殖もはやくなるため、必要な都度買って飲みきらない場合には、安全性の観点からもクーラーボックスや保冷バッグが必要になります。

ハードタイプやソフトタイプなど、大小様々なクーラーボックスや保冷バッグがありますので、シーンや荷物の量に合わせて持っていくことをおすすめします。

また、クーラーボックスを日陰に置くことはもちろんですが、見落としがちな地面からの熱もかなり強力ですので、下に厚めのシートを敷いたり台などの上に置いて地面からの熱対策をすることも大切です。

なお、できるだけ保冷力を求めるなら釣りメーカー(DAIWA・SHIMANOなど)から出ているもので、真空パネルを使ったものが保冷力が強くておすすめです。(ただし基本的に重いので移動には不便ですし、海水浴や旅行ではオーバースペックかもしれません)

目次に戻る

スマホ防水ケース

海でスマホを操作したり写真を撮ったりすることもあるかと思いますが、その時にスマホ用の防水ケースがあるととても便利で安心です。

海水浴で濡れている手はただの水ではなく海水のため機械類には余計に良くありません。仮に手が乾いていても塩分は付着しています。

また、海に入らない(体が水に濡れることがない)場合でも、砂浜では砂が入り込んでしまったり、うっかり落としてしまったり、海から塩けを含んだ風も吹いてきたりするため、やはりスマホ用の防水ケースがあると安心です。

なお、防水ケースといっても商品によって保護性能や強度は大きく異なりますので、商品説明をしっかりと読んで目的に合わせて購入することをおすすめします。

目次に戻る

浮き輪

海水浴といえば浮き輪をイメージする方も多いかと思います。

泳ぎが苦手な人の補助のほか、オシャレな浮き輪は写真映えもしますし、ただプカプカと浮いているだけでも海水浴を楽しめるアイテムです。

大人も子供も楽しめる浮き輪ですが、浮き輪には注意点もいくつかありますので、注意点については「海水浴の注意点(浮き輪)」をご覧ください。

また、海水浴だけでなく、磯遊びや釣りなど海でのレジャーではライフジャケットがあると安全性の向上に繋がる場合が多々ありますので、海遊びでのシーンによってライフジャケットもあると安心です。

目次に戻る

シュノーケル(水中メガネ)

水中世界を楽しめるシュノーケリングは人気が高い海レジャーのひとつです。

砂浜の海水浴場では波や人の動きによって水中で砂が舞ってしまって水が濁るため水中メガネやシュノーケルを使うことはあまりありませんが、シュノーケリングが楽しめる海ではとても活躍します。

感動するほどの水中世界や魚たちに出会えることもあり、海を何倍も楽しむことができます。

しかしながら、浮き輪と同様にシュノーケルも安全に楽しむためにはいくつかの注意点がありますので、注意点については「海水浴の注意点(シュノーケル)」をご覧ください。

目次に戻る

砂遊びセット

お子様と海で遊ぶときに小型のバケツやスコップなどの砂遊びセットがあると楽しく遊べます。

波に近いところで遊ぶ場合は、特に小さなお子様の場合には突然の大波などに注意してください。

また、夏の浜辺での熱中症対策として水分補給や帽子なども忘れないでください。

都会ではあまり触れることのない天然の海の砂や貝殻を使った遊びを楽しめます。

目次に戻る

シャンプー ボディソープ

帰宅までに時間がかからず、髪がギシギシなのもダメージも気にならなければ特に必要ないと言えばないのですが、着替え前のシャワーでシャンプーとボディソープがあるとさっぱりと気分よく洗い流せて便利です。

なお、海では石鹸類が使える場所と使えない場所もあるので、その点は確認してから使用してください。

また、シャワーを浴びないと塩が浮き出てきてザラザラやベタベタでかなりの違和感を覚えますし、帰りが公共交通機関の場合は言うまでもなく、自家用車などに乗っても好ましくないので、少なくとも体や髪についた塩は洗い流してから帰ることをおすすめします。

シャンプーやボディーソープは小さいセットが持ち運びにおすすめで、普段の他の旅行でも活躍します。

目次に戻る

コンタクトレンズ 眼鏡

海水浴では塩水が目に入ったりして、コンタクトレンズが取れてしまったり、痛くなってしまうことがあります。

そんなときに予備のコンタクトレンズや眼鏡があると安心です。

特に他に運転手がいない場合には車で帰れない事態にもなりかねませんので、念のため持っていくことをおすすめします。

目次に戻る

絆創膏などの救急セット

海では何かを踏んだり触ったりして手足を怪我してしまうこともそれなりにあります。

そんなときに防水の絆創膏などがあると便利です。

軽い怪我でも、そのままだと傷口が開いてしまう、砂が入ってしまう、傷口が擦れてしまうことなどを気にしながら遊ぶことになってしまいますので、救急セットで少しでもカバーできると安心です。

また、毒のある危険生物の被害にあったときなど、ポイズンリムーバーを持っていると状況によってはより安全に効率よく毒を吸い出すことができる場合もあります。

ポイズンリムーバーは海の危険生物だけでなく蛇や蜂などでも使えることがありますので、海水浴以外のレジャーでもひとつ持っていると安心です。

海の危険生物については「海水浴の注意点(危険生物)」のページもよろしければご覧ください。

目次に戻る

防水カメラ

スマホを防水ケースに入れて写真を撮っても良いのですが、海水浴ではやはり専用の防水カメラがあると便利で安心です。

スマホの場合は防水ケースにもよりますが、万が一水が侵入してしまうと大切なスマホが大変なことになりますし、製品や水滴や曇りなどによっては写真がボケてしまうこともあります。

特に完全に水中に入れて魚などの写真を撮りたいときには、防水カメラをおすすめします。

安いものとは言えませんが、故障や紛失のリスクを考えるとスマホも決して安くはありませんし大切なデータも入っていますので、海水浴だけでなく水場で使う機会が多くなりそうな人は防水カメラを持っていても良いかと思います。

目次に戻る

伊豆各地の海水浴場と海

東伊豆は、全国的にも有名な熱海温泉や伊東温泉のほか、多彩な温泉宿や観光スポットが点在する伊豆高原温泉などがあり、海水浴だけでなく観光旅行にも最適。電車では伊東線や伊豆急行で南下できるため、電車旅行でのアクセスも良好です。

東伊豆の海水浴場へ


南伊豆は、伊豆の先端部分にあたり、綺麗なビーチ・きれいな海が特に多いエリアとして知られ、サーファーにもとても人気が高くなっています。夏はシュノーケリングを楽しむ海水浴も人気です。電車旅行では下田市の伊豆急下田駅まで行くことが可能です。

南伊豆の海水浴場へ


西伊豆は、派手さはないものの、駿河湾に面し波も穏やかで静かなビーチが多いため、小さなお子様連れのファミリー層にも人気が高いエリアです。電車はありませんが、東伊豆や南伊豆に比べて道路・駐車場・海水浴場も混雑しにくいのもポイントです。

西伊豆の海水浴場へ


伊豆半島には、綺麗な砂浜のビーチから荒々しい岩場まで様々な海岸があります。

当サイトではきれいな海水浴場をメインに、海辺デートや旅行立ち寄りにもおすすめできる海を約60ヶ所掲載しています。

海水浴場ランキング

海水浴場ビーチ マップ

伊豆の海水浴場とビーチ
「すべての一覧・ご案内」

海水浴・観光・立ち寄り・デートにもおすすめ

夏期シーズン中の伊豆半島の道路や駐車場は大変混雑する場合があります。

特にお車でお出かけの際は、行きも帰りも時間に余裕を持って早めにご出発されることをおすすめします。

また、各海水浴場は天候状況はもちろんのこと、時期・曜日や時間帯・エリア・ライフセーバーや監視員の有無等によって遊泳できない場合もございます。

遊泳可否の確認のほか、海水浴場・ビーチ・駐車場・施設・観光・イベント等をご利用の際は、公式・主催者・管理者・観光協会等にて最新情報や詳細を必ずおたしかめください。

東伊豆「熱海市」

熱海市の海へ

東伊豆「伊東市」

伊東市の海へ

東伊豆「東伊豆町」

東伊豆町の海へ

東伊豆「河津町」

河津町の海へ

南伊豆「下田市」

下田市の海へ

南伊豆「南伊豆町」

南伊豆町の海へ

西伊豆「松崎町」

松崎町の海へ

西伊豆「西伊豆町」

西伊豆町の海へ

西伊豆「伊豆市土肥」

土肥の海へ

西伊豆「沼津市戸田etc...」

戸田 etc...の海へ

伊豆の海水浴特集&観光旅行

伊豆の海水浴ランキング

水質ランク・きれいな海・ビーチの長さランキング・当サイト独自のおすすめ海水浴場ランキングなどを特集しています。

海水浴場ランキング伊豆の花火大会

伊豆旅行 その他の観光

海が見える宿と露天風呂紅葉スポット桜スポット